酒の肴に。

名前に特に意味はない。

歩いていこう

今日は船越義珍が亡くなった日なんですって。
空手の四大流派の一つ、松濤館流の開祖です。
我が家の空手家達は和道流なので、流派は違いますが。
船越義珍については、今野敏の『義珍の拳』で知りました。
まぁ、小説ですから全てが本当の話しではないんでしょうけど、とても面白かったです。
今野敏琉球空手シリーズはお薦めです。
そんな船越義珍に教えを乞うた一人、極真会館創始者である大山倍達が亡くなった日も今日なんですって。

 

先月末、遂に50代に突入しました。
50代突入記念として、誕生日を迎えた日からウォーキングを始めました。

まぁ、テレワークが続いているので、完全に運動不足でして。
今までに見たことのない数字が体重計に表示されてビビったせいです。
妻からのプレッシャーもあり。

朝、子供を起こしてから始業まで2時間くらいあるので、その間に30~40分くらい歩いてます。
つまり、休日は歩きません。
雨の日も歩きません。
幸い、最近は天気が悪い日が多いので、週に2、3回程度の頻度です。

今日は残念ながらギリギリ雨が降っていなかったので歩いてきました。
大体はももクロを聞きながら歩いてるんですが、今日はT-SQUAREにしました。
天候がイマイチだったので、気分を上げるためにTRUTHを聞こうと。

TRUTHに辿り着く前に家に着きました。


50歳の誕生日に息子からもらいました。

 

 

セナ、プロスト、マンセル。俺はアレジを応援してたな。(中嶋悟も)

 

サーフ天国、スキー天国

今日はエドワード・エルガーが亡くなった日なんですって。
行進曲『威風堂々』の作曲家ですね。
俺が通っていた中学校の卒業式では、卒業生入場の時に第1番中間部の旋律が延々と繰り返されていました。
今でもそうなのかしら?
あの部分しか知らないと、全編通して聴くとちょっと驚きますよね。


先週、息子の通っている中学校でスキー教室(合宿)がある予定でした。
残念ながらオミクロン株の流行で1か月の延期になっちゃいましたが。

延期が決まる前の昨年末、気になるニュースを目にしました。


原田知世私をスキーに連れてって』公開35年でブルーレイ化決定


以前ちらりと書いた気がするんですが、凄い好きなんですよ、この映画。
これを見るとスキーに行きたくなるんですよねぇ。
下手くそなんですけど。

特に印象に残っているのが

5人が横に並んで、ボーゲンでバッタンバッタンするやつ。
原田知世の「バーン」ドサッ
沖田浩之の「とりあえず」パシャッ
原田貴和子高橋ひとみの「凍ってるね」

昔たまに会社の先輩にスキーに連れて行ってもらってました。
写ルンです』を手に、「とりあえず」パシャッ。
粉雪であっても、「凍ってるね」からの運転。

懐かしいなぁ。


買っちゃった。

 

f:id:uni-namako:20220223155816j:plain

 

改めて見て感じたこと。原田知世かわいい。鳥越マリとしおりん似てる。原田知世めちゃくちゃかわいい。

上球物語 -Carpe diem-

今日は森鷗外の誕生日なんですって。
舞姫とかヰタ・セクスアリス辺りが有名ですね。
読んだことないですけど。
森鷗外は読んだことないですけど、鯨統一郎のタイムスリップ森鴎外は読みました。
なかなか面白かったですよ。
森鴎外がラップをするんですが、その中で『メメント・モリ』という言葉が出てくるんですよ。
メメント・モリ』というのは、ラテン語らしいです。
多分、森鷗外(作中ではモリリンと呼ばれてる)からの言葉遊びなんでしょう。
ももクロでもその言葉が使われてる曲がありますね。(周知の事実)


ももクロといえば、しおりんがとても綺麗になったなぁ、と思うわけです。
勿論、以前から綺麗だったんですけど、磨きがかかったといいますか。

昨年の秋だったか、そんなしおりんに似た子がテレビに映ってました。
カミラ・ワリエワ。
全然、話題になってないけど似てない?

しかし、ワリエワのドーピング問題はどうなんでしょうね?
その薬を飲んでる人と同じコップを使ったら、その成分出ちゃうんですかね?
さすがに苦しいような。

この言い訳を聞いた時に思い出したのが、ルイス・ネリ。
ドーピングに引っかかったのに、食べた肉にその薬が含まれていた可能性があるって事でお咎めなし。

そもそも、ドーピングって理由関係なくアウトなんだと思ってたんだけど。
だから、アスリートは市販の風邪薬も飲まないんじゃないですかね?
故意かどうかは、その次の話しだと思うんだけど。

個人的に、ネリは絶対に許しません。
山中にしたことを忘れない。
井上尚弥が階級をスーパーバンタムに上げても試合はしてほしくない。
井上尚弥だけじゃなく、日本人が関わってほしくないです。


そんなスーパーバンタム級の日本タイトルマッチを観戦してきました。


第1試合 54.5kg契約4回戦
相澤正祥 vs 加藤勇樹
お互いがデビュー戦。2R途中に到着したので1Rは見てません。
到着した時は相澤が攻勢をかけていました。その後は加藤のペース。
フルマークの判定で加藤が勝ったので、到着した時に見たのはどうやら数少ない相澤の攻勢シーンだったよう。

第2試合 58.0kg契約4回戦
池田健哉 vs 江藤龍平
お互いがデビュー戦。いきなり、池田が江藤からダウン奪取。江藤はデビュー戦で地に足がつかないうちにダウン取られちゃったんじゃないですかね?
そして、わけわかんないうちに1RTKOで池田の勝ち。

第3試合 スーパーフライ級8回戦
黒田雅之 vs 重里侃太郎
待望の黒田復帰戦。世界戦以来2年8ヶ月振り。デビュー戦の前2試合とはさすがに違う緊迫感のあるスタート。
でしたが、回が進むに従い重里ペースに。いや、初めから重里ペースかな。
判定で重里が完勝。応援してますが、黒田に次の試合はあるのでしょうか。

セミファイナル ライト級8回戦
清田亨 vs 向山太尊
ランカーの清田に、今試合がA級初戦で階級を上げてきた向山。
あっさり勝負ついちゃうかも、と思ってましたが、予想に反して向山が良い感じ。
2RTKOで向山勝利。向山、パンチの当て勘が良い感じ。そして顔が小さい。

メインイベント スーパーバンタム級日本タイトルマッチ
古橋岳也 vs 久我勇作
立場を変えた1年前のリマッチ。
前の試合は映像で見ましたが、久我が古橋をボコボコにしながら8R最終盤に古橋の良いパンチが入り、9RTKOで古橋の大逆転勝利。
今回の試合は、序盤から互角。若干、久我がポイント取ってるかなぁ、という感じ。6Rの攻勢から7Rでチャンピオンには倒しきってほしかったかなぁ。
0-1の判定でドロー。チャンピオンの防衛。
1年前の試合はクリンチがほとんどない真っ向勝負って感じでしたが、今回はチャンピオンが攻勢に出ようとすると挑戦者がクリンチで止めるという逆に真っ当な展開。
チャンピオンを応援してる方としてはイライラしましたが。
1年前の試合とくらべて明らかにチャンピオンが強くなってますね。
初防衛戦で決めた右のカウンターを狙いすぎてる感もありましたが、どこまで強くなってくれるのか楽しみです。

果たして久我3はあるのか?

 

令和の激闘王。

 

f:id:uni-namako:20220217161938j:plain


野球、プロレス、音楽。会場に見に行きたいなぁ。

Promise

今日は鴨川源二の誕生日なんですって。
鴨川ボクシングジムの会長ですね。
1917年生まれらしいですけど、はじめの一歩では今は何年なんだろう?
とりあえず今日は生誕105周年という事で。

 

仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』を見ました。
夏に見た『仮面ライダーセイバー+機界戦隊ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』が面白くなかったので、あまり期待せずに。

今回はスーパー戦隊は出てこないし、ライダーも基本的にはリバイスとセイバーに出てくるライダーと1号のみ。
あっ、センチュリーが主役だな。
デビルライダーとクローンライダーとして過去のライダーが出てきますが、まぁ過去のライダーの姿をしているだけです。

そんな感じで感想を。


仮面ライダーヒロミ、序盤からやられ過ぎ。
ヤムチャみたいで不憫になりました。

ほんの少しだけど、なでしこ出てきて嬉しかった。

各地に散らばって敵とライダー達が同時進行で戦うのが、キン肉マンの『7人の悪魔超人編』を思い出して熱かった。

1971年にショッカーが本郷猛を改造する辺りの件で、怪人にされた何の罪もない優れた一般人にも家族があったはず的な事が語られてる。
かつて仮面ライダー1号、2号が倒してきた怪人に改造された人達って救いがないんだなぁ。
クウガの葛藤を少し思い出した。


今回の映画は面白かった。
俺としては満足。

不満な点は、朝一の上映しかないという。
先月半ばから上映されているので、上映期間も終盤なんですかね。
休日はもう少し寝てたかった。


この日は、映画のはしごしました。何を見たかはまた今度。

 

f:id:uni-namako:20220115160441j:plain

 

ジャンヌ(さくら)が変身したクローンライダーはバルキリー、なでしこ、ポッピー。ジャンヌ結構好き。

侍戦隊シンケンジャー

今日は山田玲司の誕生日なんですって。
好きなんですよ、Bバージン
若かりし日のバイブルの一つでした。

 

明けましておめでとうございます。
今年もボチボチ更新すると思うので、よろしくお願いします。

話題になってますねぇ、昨年末の「RIZIN.33」。
年末の大イベントなのに、八百長騒動一色ってのが何とも。

俺はTVをザッピングしてたので、何試合かは見たけど問題の試合は見ていません。

今回の件は本人が認めているので、問題の行為があったのは間違いないんでしょうね。
ただ、俺の感覚では八百長というのとは違うと思うんですよ。
今回あったのは、あくまでもシバターの台本破り。
八百長は勝敗の結果まで決められていること。
というのが、俺が思ってる八百長
まぁ、一般的にこれが正しいかは知らないんだけど。

話しを持ち掛けて一方的に台本を破ったシバターが悪いのは間違いないんだけど、真剣勝負を謳ってる競技で台本を受けた時点で久保も共犯ね。
ただ、台本通りに2Rは真剣勝負で倒そうとしてたんだろうから、やっぱり八百長ではないと思います。

俺が感じる今回の問題は

1.他の選手への悪影響。風評被害

今回のRIZINに参加した他の選手だけじゃなく、かつてシバター、久保と対戦した選手も疑われてもおかしくないです。
それだけじゃなく、総合格闘技全般。
いや、その他の格闘技全般がそういう目で見られてもおかしくないです。


2.裏側を暴露したこと。

俺は約40年になるプロレスファンです。
その俺から言わせると、台本があったとか言っちゃダメです。ミスター高橋とか。
というのも本気なんですが、やっぱり一度飲んだんだから墓場まで持ってけ。

芸能人のスキャンダル売るのとか嫌い!最低!


まぁ、全て個人の意見だけどね。

 

ミスター高橋って、今何やってるんだろう?

 

f:id:uni-namako:20220108220819j:plain


Bバージン、19〈NINETEEN〉、ツルモク独身寮。我がバイブル。

帰ってきたひと言更新。2

今、新幹線に乗ってるんだけどなかなかのアナウンスが。大体こんな感じ。

 

車内が混み合っているので車内販売ワゴンが各車両をまわれません。4号車と5号車の間にいるので買いに来て下さい。

 

ワゴン周り大混雑。

灯火

今日は岩永洋昭の誕生日なんですって。
バースですよ。
バース。
楽しみだなぁ、仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル。

 

深夜に東京ラブストーリーを放映していますね。
昨年、Amazon Primeで配信された時は気になっていたもののスルー。
今回は録画して見ています。
原作も以前のドラマも見てたので。


以前のドラマを見てた時に、原作と随分違うなぁと感じてました。
まぁ、細部まで覚えてないんですけど。

当時は、原作もドラマも赤名リカが嫌いで関口さとみが可哀想と思ってたはず。
なんだけど、今回のドラマ見てて感じるのがカンチがイラつくってのが一番。
そして、リカが可哀想に感じてます。
年齢のせいなのか、記憶違いなのか。
Vaundyの主題歌はとっても良かったです。


東京ラブストーリーより以前に放映されていた同・級・生を見ています。
今、第四話。
菊池桃子が可愛い。
主役の二人がイライラする。
当時、現役アナウンサーだった中井美穂の演技が上手い。
そして、菊池桃子が可愛い。
以前見てた時にどう感じてたか覚えてないんですけど、やっぱりイライラしてたんだろうなぁ。


でも、携帯電話がない時代の恋愛ドラマは味があって良いです。
イライラするけど。

 

こっちの同級生も好きでした。

 

f:id:uni-namako:20211123182057p:plain


ひとつ屋根の下、HERO、101回目のプロポーズロングバケーション(同率)。月9視聴率トップ3らしいですけど他にも面白いドラマいっぱいですね。