酒の肴に。

名前に特に意味はない。

ポケベルが鳴らなくて

今日はフラッシュ金子の誕生日なんですって。
米米CLUBBIG HORNS BEEのサックス奏者として活躍していましたが、現在は病気のためサックスは休業中でキーボードを中心に他の楽器を演奏しているようです。
まぁ、米米の時代から色々な楽器をやってましたけどね。
キーボードもやってたし、STAYって曲ではフルートも吹いていたと思います。

なかなかの難病のようですが、またサックスを吹いてるカッコいい姿が見たいですね。

 

芥川賞直木賞を代表にした、いわゆる文学賞というものがありますね。
最近だと本屋大賞なんかも話題になってますね。

芥川賞は純文学の新人。
直木賞は大衆作品の無名・新人及び中堅作家?ホントか?
錚々たる名前が並んでますが。
本屋大賞は「全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本」をキャッチコピーとし、対象作品は過去1年間に刊行された日本の小説。

それらとは別に、時代小説やSFなど、特定分野が対象の賞もあります。

このミステリーがすごい!

異邦の騎士(島田荘司
迷路館の殺人綾辻行人
影武者徳川家康隆慶一郎
リプレイ(ケン・グリムウッド)
マークスの山(髙村薫)
姑獲鳥の夏京極夏彦
ホワイトアト(真保裕一
魍魎の匣京極夏彦
パラサイト・イヴ瀬名秀明
名探偵の掟東野圭吾
OUT(桐野夏生
黒い家(貴志祐介
嗤う伊右衛門京極夏彦
グリーン・マイル(スティーヴン・キング
邪馬台国はどこですか?(鯨統一郎
秘密(東野圭吾
白夜行東野圭吾
ハサミ男殊能将之
超・殺人事件(東野圭吾
葉桜の季節に君を想うということ(歌野晶午
重力ピエロ(伊坂幸太郎
陽気なギャングが地球を回す伊坂幸太郎
アヒルと鴨のコインロッカー伊坂幸太郎
犯人に告ぐ雫井脩介
ダ・ヴィンチ・コードダン・ブラウン
容疑者Xの献身東野圭吾
果断 隠蔽捜査2(今野敏
ゴールデンスランバー伊坂幸太郎
ジョーカー・ゲーム柳広司
告白(湊かなえ
ダブル・ジョーカー(柳広司
マリアビートル(伊坂幸太郎
64(ロクヨン)(横山秀夫
奇面館の殺人(綾辻行人
死神の浮力(伊坂幸太郎
検察側の罪人雫井脩介

各年のランキング入りした中で、上記の作品は読みました。
名作揃いです。

これらとは別に、『このミステリーがすごい!』大賞 というのがあります。
こちらの受賞作も何作か読みましたが、対象が新人の募集作品ということで、読みづらい作品が多い印象です。
ここ数年は、興味を惹かれる内容でも、このミス大賞作品だと分かると敬遠してきました。

先日、前から気になっていた小説をまとめて買って読みました。

どれも面白かったんですが、なかでも期待以上に面白い作品がありました。
ちょっと、んっ?って箇所もあるんですが、全体的になかなか面白かったです。

スマホを落としただけなのに

これ、なかなか面白かった。
後書きにも書いてたんですが、警察の捜査関係の描写が、ゆるーい感じでしっくり来ないんですけど、全体として面白かったです。
読み終わって知ったんですけど、このミス大賞作品でした。

いやー、新人も侮れないですね。
人とはいえ、この作品の作者である志駕晃は50歳を超えてのデビューになります。
アラ50になる俺にも勇気を与えてくれます。

俺もがんばろう。
このミス大賞作品を読むかは別だけど。


パワースポット行ってきたんで、おすそわけ!

 

 

f:id:uni-namako:20180322073353j:plain


見事などんでん返しの小説。
十角館の殺人綾辻行人)、慟哭(貫井徳郎)、アヒルと鴨とコインロッカー(伊坂幸太郎)。俺の中の最高峰は、ハサミ男殊能将之