酒の肴に。

名前に特に意味はない。

続・溝ノ口太陽族

今日はプロボクサーのパスカル・ペレスとジェームス・スミスの誕生日なんですって。
ペレスはオリンピックのゴールドメダリストで、フライ級の世界チャンピオンだった選手です。
初の日本人世界チャンピオンである白井義男からタイトルを奪い、リマッチも退け、引退に追い込んだ名チャンピオンだったそうです。

スミスはWBA世界ヘビー級チャンピオンだった選手です。
WBC世界ヘビー級チャンピオンだったマイク・タイソンと統一戦を行い、判定負けで陥落しています。
負けたとはいえ、全盛期のタイソンと戦い、判定まで持ち込んだ数少ない選手の一人です。

 

先日、山中がネリとリマッチを行い、残念ながら負けてしまいましたね。
以前の俺の危惧が現実になってしまいました。
といっても、ネリがまたやらかすとは思ってなかったですけど。

ウエイトオーバーでタイトル剥奪って。
その時点で山中のモチベーションだだ下がりでしょうよ。
山中の気持ちを考えると、もう。

そもそも、一戦目のドーピングで陽性になった時点で、あの試合はノーコンテスト
タイトルは山中のまま、ってのがスジだったと思うんですよね。

ボクシングは体重での階級分けが厳密なハズなのに、ウエイトオーバーでもたいした罰則もなく、試合が成立しちゃうのはやっぱりおかしいですよね。


そんなモヤモヤを吹き飛ばしてくれる良い試合でした。
カルッツかわさきで行われた日本フライ級タイトルマッチ。

黒田雅之 VS 長嶺克則

左のガードが下がっているのが気になりますが、黒田のジャブは良いですね。
ただ、観ていて倒せる気がしないんですよね。
最強の挑戦者を退けたんだから日本タイトルは卒業で良いとは思うんですが、世界で勝てるかは・・・。

個人的には好きなスタイルの選手なので、世界に届けば嬉しいなぁ。


カルッツかわさきで行われた、もう一つの日本タイトルマッチ。
日本ミドル級タイトルマッチ。

西田光 VS 竹迫司登

西田を応援していたんですが、竹迫強い。
ただただ強い。
本気でこの先が楽しみ。
世界的に層が厚いミドル級なので、世界に届くか。
そもそも、世界戦まで辿り着けるかも分かりませんが、期待しちゃいます。

 

川崎新田ジム主催興行を以前観に行ったとき。後楽園ホールで。

 

 

f:id:uni-namako:20180304034645j:plain


鷹村、青木、木村、板垣。一歩が引退しちゃったよぉ。