酒の肴に。

名前に特に意味はない。

バレンタイン・キッス

今日はバレンタインデーなんですって。
って、誰でも知ってるね。

その昔、姉が読んでいた ファミリー! というマンガで、アメリカではバレンタインデーに男性から女性へチョコじゃない贈り物をする事もあると知って驚いたのを覚えています。
人生に必要な事は、大体マンガで学べます。

バレンタインデーの知識が人生で必要かは分かりませんが。

 

実は、子供の頃は結構モテたんですよ。
物心ついた時から、常に誰かは俺の事を好きでした。
子供の頃はっ!
小学5年生がピークでしたっ!

義理チョコ含めてですけど、バレンタインデーに14個のチョコ貰いました。

もちろん、両想いの女子もいました。

しかし、当時は小学生で付き合うとかの発想はないのです。
デートとかもあり得ないし。

俺はあいつが好き。
あいつも俺が好き。

ただ、それだけ。

そして、年々モテなくなるのです。
年頃になるにしたがって。
加速するかのように。

モテてた記憶があるだけに、余計にツラかった。
恐らく、一番不運な時期のモテ期。


面白いマンガだったなぁ。

 

f:id:uni-namako:20180214055426j:plain


第一次、第二次モテ期、2番目の男時代もあったなぁ。