酒の肴に。

名前に特に意味はない。

仮面ライダーAGITO

今日は岸井ゆきのの誕生日なんですって。
岸井ゆきの、最近結構好きなんですよね。
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐- を見てからなんで、新参者ですいません。
出演作を見ると、それ以前にも見てるのが結構あるんですよね。
俺の目は節穴です。


さてさて、今回はライダーシリーズ第2回。

前回はクウガでした。
今回は

仮面ライダーアギト


仮面ライダーアギトは津上翔一。
職業は家事手伝い。
賀集利樹のデビュー作とのこと。
茶髪のロン毛で、見た目がチャラい。
時代なんでしょうね。
最初からアギトに変身できるという、仮面ライダーシリーズでも珍しい感じじゃないでしょうか。
記憶喪失だから、何故変身できるかも謎だし。

アギト以外でも魅力的な主要人物がいっぱい。

刑事で仮面ライダーG3の氷川誠。
要潤のデビュー作らしいです。
まぁ、演技がヘタクソ。カッコいいけど。
今からは考えられないほど演技がヘタクソ。カッコいいけど。
賀集利樹との絡みは、コメディリリーフ的で良かったですけど。
カッコいいし。

仮面ライダーギルスの葦原涼。
友井雄亮
野性味ある男前ですね。
しかし、つきあう女が不幸になる下げチン野郎。
現実でも、DVで純烈を脱退して引退したとか。
良い役者さんだと思っただけに残念。
元ジャニーズらしいです。

アナザーアギトの木野薫。
樋口隆則。
ブラックジャック的な医者です。
何より一番驚いたのが、ジョー樋口の息子だってこと。
アギト関係ないけど。

ここまでライダー。

ヒロインの風谷真魚
可愛い娘だなぁ、と思ったら秋山莉奈
驚いた。
オシリーナ以降しか知らなかったもんで。
電王のナオミは知ってたんだけど。
セリフでチョコチョコ「どうした?」って出てくるんですが、違和感が半端ない。
女子高生が年上の男になかなか言わないと思うんだよなあ。

オーヴァーロード。
子供の頃は神木隆之介
大人になったら羽尾明。

神木キュンは一目で気付いた。
志田未来の結婚相手は神木キュンが良かったなぁ。
羽尾明。
最初はホントに女かと思った。
凄い綺麗な顔立ちしてます。

他にも、G3ユニットのリーダー小沢澄子。嫌味な刑事、北條透。

アギトは超能力者がキーポイントになってます。
何かを感じると、SEでピキーン。
そして、カッ!と目を見開きます。
笑うわ!
アギト達は敵のアンノウンの出現も気付いちゃいます。
ピキーン!

冒頭で、G3は未確認生命体を倒せる云々というくだりがあります。
つまり、アギト最弱のライダーであるG3とクウガは同等の強さなんでしょう。

敵はドンドン強くなるんですね。
強さのインフレはドラゴンボールだけじゃない。


個人的には、クウガより面白かった。

 

f:id:uni-namako:20200211113632j:plain


仮面ライダーアマゾンオメガ、アルファ、シグマ。ギルスもアマゾンズに入れてあげよう。

君が好きだと叫びたい

今日は八村塁の誕生日なんですって。
八村塁といえば、現役のNBAプレイヤーですね。
世界に通用した、初めての日本人バスケットボールプレイヤーじゃないですかね?
初めてのNBAプレイヤーは田臥勇太ですけど、お世辞にも活躍したとは言えないですからね。
野球で言えば、野茂みたいなもん?
サッカーで言えば、中田?


息子はご存知のとおり、空手をやっています。
念願の黒帯にもなれました。
練習態度にも黒帯の自覚的なものが薄っすらと見えてきたような気もします。

現在、小学5年生。
中学生になっても空手を続けるかは部活次第でしょうね。
空手の練習は毎週土曜日と日曜日。
少し前は、中学生になっても空手を続けたいから土日に練習がない部活。
例えば、将棋部なんかに入ろうかな、とか言ってました。

そんな息子が最近興味を持っているのがバスケットボール。
アニメで放送している、あひるの空を見てから。
そんな息子に、俺の秘蔵のSLAM DUNKを開放。
花道がゴリの頭にダンクをかましたシーンでは腹を抱えて爆笑してました。

先日、息子が

今、体育でバスケやってるんだけど、俺のシュートが惜しかったんだよなぁ。アレが入ってたら勝ったのに、引き分けだった。

というので、

何対何だったの?

と聞くと、

0対0。

・・・。

 

息子には宮城を目指せと言ってます。小さいから。

 

f:id:uni-namako:20200208164648j:plain

 

野球やサッカーならわかるけど、バスケの試合でスコアレスドローって初めて聞いたよ。

怒りの獣神

今日は獣神サンダー・ライガー引退の日です。
藤波に始まり、初代タイガーマスクが発展させたジュニアヘビーを確立したのは間違いなくライガーでした。
数々の名勝負をありがとう。


秋に妻と息子の昇級審査がありました。
妻は3級、息子は2級。
それぞれ見極めを通って黒帯への挑戦権が欲しいところです。

息子は前回見極めを通れず、2度目の挑戦になります。
妻は初挑戦。

前回、息子は移動基本の下段払いの所で上段受けをやってしまうという痛恨のミス。
今回はとにかく、指示者の声をしっかり聞くように注意をして送り出しました。
もう、口が酸っぱくなる、ってのはこの事かってくらいに。
その甲斐あってか、今回は上々の出来。
形も直前に突貫で修正した箇所があり、そこがどうなるか心配でしたが成功し一安心。

妻はまぁ、可もなく不可もなく。
いつも通りに。

結果、息子は12月に昇段審査。妻は来春再挑戦。


さてさて、昇段審査。
息子より親が緊張していました。
息子、立派にやり遂げました。

終わって一言。

全然緊張しなかった。やってて楽しかった。

親が思うより大物なのかも。

多分大丈夫と思いつつも発表の時はド緊張。
無事番号を呼ばれ、晴れて黒帯、有段者となりました。
ありがとうございます。

小学一年生から始めて、お世辞にも才能があるとは言えないながらも頑張りました。
感無量。

しかし、来春は妻が。
見てる方が疲れるわ・・・。


黒帯祝いは磯丸水産で。

 

f:id:uni-namako:20200105182136j:plain


フィッシャーマン・バスター、ライガー・ボム、雪崩式フランケンシュタイナー。数々のオリジナル技があるけど、やっぱり一番はシューティング・スター・プレスだなぁ。あっ、作ったのライガーじゃなくて別人だった。

ごめんなさい

今日は若林源三の誕生日なんですって。
恐らく歴代の日本人ゴールキーパーでナンバーワンではないでしょうか?
魔人とかは出しませんけど。
ずば抜けた実力を持ちながら、とにかくケガが多い印象です。
とりあえず、スーパーグレートゴールキーパーと名付けた人には猛省を促します。


随分久々です。

以前に書いたんですが、妻と息子の昇級審査がありましたが、また別の機会に。

約1か月前に二人が出場したの空手の大会がありました。
この大会、息子は毎年出場しています。
妻は数年前にこの大会でデビューしています。
インド人相手に惨敗しています。
それ以来大人の部はなかったんですが、今回久々に大人の部がありました。
久々にインド人が来たからか?

昨年までは規模が小さかったんですが、今年は急に出場者が増えて驚きました。

大会前、家での息子の練習に妻がアドバイスを送るが、息子反抗、妻きれる。
という、いつも通りの伝統芸のような展開。

妻が言い放ちました。

 そんな練習の仕方で1回戦勝てたら謝ってやるよ!

どうやら1回戦の相手を以前の大会で見たことがあり、上手い事を知ってた模様。
ちょっと卑怯。

今回の大会、息子は何故か平安三段で勝負と宣言。
何でかは本当に謎。


大会当日、組み合わせを見て息子憮然。

 何で俺だけ1回戦からー

そう、息子の試合だけ1回戦で、他の組み合わせは2回戦からでした。
俺と妻は前もって知ってたんですけど、教えてませんでした。
もちろん、ちゃんとフォローしましたよ。

 バカだなぁ。1回勝つチャンスが増えるんじゃん。

息子も成長していました。

 イヤだ。俺も2回戦からがいい。

そりゃそうだ。


そんなこんなで本番。
息子の1回戦が始まります。
形を始める前に形の名前を気合をいれて宣言します。

 平安五段!

!?三段じゃないの?
土壇場で得意の五段に変えたみたい。

結果、5-0で見事勝利。妻、謝罪決定。

2回戦。残念ながら2-3で惜敗。
ちなみにこの2回戦の勝者、そのまま優勝しました。
もしかして、息子なかなかやる?

続いて、妻の形。
息子と同じで、妻の試合だけ1回戦から。
対戦相手は黒帯の女子大生。
妻も平安五段で勝負。
残念ながら完敗。

形の時点で気付いてたんですが、インド人の気合が凄いの。
特に一般男子は特筆もの。
組手であんな声出されたら、それだけでビビっちゃうよ。

で、組手。

息子、序盤は積極的に前に出て互角の展開。
半分過ぎた辺りで中段突きで先取を奪われる。
立て続けに中段突きを決められ、0-3。
そのままタイムアップで敗退。
息子、毎回一つ決められると、立て続けに決められちゃうんだよなぁ。
ちなみに、対戦相手は準優勝しました。

妻の出番。
対戦相手はインド人。
ケガをしないことを祈るのみ。

この対戦相手、強いうえに上手いの。
ケガとかとんでもない。
ちゃんと技をコントロールしてました。
失礼なことを思って申し訳ありませんでした。
妻も0-3でタイムアップ。
ちなみに、対戦相手は優勝だったか準優勝だったかしました。


息子の最高成績は数年前のこの大会でした。

 

f:id:uni-namako:20191207180211j:plain

 

形、組手共に2位。翌年は形、組手共に3位。その後パッとしなかったけど、今年はママからの謝罪ゲット。謝罪したかは知らないけど。

仮面ライダークウガ!

今日は高山侑子の誕生日なんですって。
高山侑子。知ってますか?
仮面ライダーウィザードに出ていたヒロインじゃない方の女性主要キャストですよ。
最近、あまり見ませんが綺麗な女優さんですね。

 

1話、2話と仮面ライダーゼロワンのレビューをしましたが、もうしません。
ただでさえ更新回数が少ないんだから、毎回ゼロワンレビューになっちゃいそう。
もちろん、見続けてますけど。


代わりに、他のライダーの感想を不定期に。
ネタバレ込みですよ。


今回はライダーシリーズ第1回ということで、平成ライダー一発目。

仮面ライダークウガ


クウガといえば、オダギリジョーなわけです。

1話目とかは正直演技下手くそだなとか思いましたが、徐々に改善。
良い笑顔するよね。
この笑顔だけでも価値がある。


クウガの協力者も魅力的でした。

刑事の一条。
まぁ、カッコいい。
とにかくカッコいい。
演じてた葛山信吾が主役級の活躍ができていないのが不思議でならない。
しかも、出演作名を見る結構見たことあったりするんですが、全く記憶にない。
まぁ、クウガを見たのがつい最近で、それまで葛山信吾を知らなかったんですけど。
でも、カッコいいんだよなあ。

考古学の研究者で友人の桜子さん。
まぁ、カワイイ。
とっても魅力的。
演じてた村田和美って、名前だけは聞いた事あるかなぁ、って程度なんですけど。
結婚、引退してしまってるそうなので、幸せな家庭を築いていてほしいです。

妹のみのり。
まぁ、演技がヘタクソ。
最後までヘタクソ。
最初に見た時、可愛いのか可愛くないのか、若いのか童顔な熟女なのか判断が難しかった。

他にも、医者の椿。科警研の榎田。考古学研究のジャン。
皆、魅力的でした。


クウガの特徴って色々あると思うんですが、敵が世界征服を目指していない、というのがそれまでと違いました。
敵は未確認生命体と呼ばれるグロンギ族ですが、ゲゲルの為に人を殺します。
ゲゲルとは、まぁ簡単に言えば殺人ゲームですね。
つまり、愉快犯的な?

そのゲゲルのせいか、殺される人の数が、まぁ多いこと。
この一年間で首都圏の人口はかなり減少したんじゃないかなぁ?

でも、一番の特徴はクウガがあまり強くないってことだと思うんだけど。
見てて、何か強さを感じないんだよなぁ。
味方は生身の人間だけで、というか、見方は警察だけでグロンギ族を倒したんだから、むしろ強いんでしょうけど。
歴代のライダーには強い味方がいたからね。
1号には2号。
V3にはライダーマン
Xにはいないんだけど、歴代ライダーが助っ人として。
アマゾンにはモグラ獣人。
ストロンガーにはタックル。
スカイライダーにはがんがんじい。(あっ、こいつは人間だった)
スーパー1とBRACKは特にいないか。
アギト以降は常に複数ライダーだしね。

兎に角、クウガはとても良くできたお話しでした。
最近のライダーよりも重厚というか。

仮面ライダー好きで、まだクウガ未見の人はぜひ。

 

f:id:uni-namako:20191013165005j:plain


昭和、平成、令和。ライダーシリーズ第2回はどの時代だ?

BAD COMMUNICATION

今日はB'zがデビューした日なんですって。
俺が高校3年の時かな?
近所のGEOでCDを見てたら、ちょっとカッコいいジャケットがあったんで借りたのがB'zでした。
多分、1st、2ndアルバムだったと思うんですけど、これがなかなか良かった。
一緒にバンドをやってた友人に薦めようとしたところ既に知っていました。

あー、TM NETWORKのコピーね。

なるほど。

当時のB'zの評価はこの程度だったんだよ。

 

息子と妻が出場した空手の大会がありました。

今回、初めて参加する大会になります。
あまり大きな大会ではないらしく、小学生は1,2年生の部。3,4年生の部。5,6年生の部という感じでした。
息子は5年生なので、初めて年上との対戦になります。
正確には誰が何年生か分からないので、年上かどうか分からないんですけど。

春に黒帯挑戦に失敗したあと、家で毎日練習することを誓いながら、練習したりしなかったり。
夏休みは時間があるんだから、いっぱい遊んだって練習する時間あるだろうということで、改めて毎日の練習を約束したものの、やったりやらなかったり。

大会3日前くらいに遂に、俺がブチ切れ。

そんなので、黒帯になんかなれるわけない。
やらなきゃいけない事をしないのに一丁前に負けて悔しがるんじゃない。
今度の大会で負けても、泣いたりするな。
泣いてもいいのは、それだけ一生懸命に練習した人だけだ。
そんなにゲームが好きだったら、空手じゃなくてゲームの大会にでも出ろ。
etc.

基本、妻が怒ると反抗するんですが、俺にはそんな態度はとりません。
滅多に怒らないんで、余計にビビるみたいで。

その日以来、一応は練習をしてたみたいです。


形の1回戦は一番得意な平安五段で4-1勝利。
まぁ、相手の帯の色が白だったんでね。
2回戦は大会ではやったことのない平安四段2-3敗退。
肝心な所でよろけるという大失態。
それがなければ勝てたかもしれませんね。
惜しかった。

組手。
試合時間1分でのポイント差か、4ポイント先取で決着。
ポイント差がつかなければ旗判定。

今回は相手が強かった。
速攻でポイント取られて完敗。

息子との会話。

あっという間に4-0だもんな。
4-0はないよ。5-0だよ。
えっ?

思い返してみると、中段突きで1-0。
上段蹴りが決まったかと思ったけど、ギリセーフだったらしく1-0のまま。
中段突きで2-0。
今度こそ上段蹴りが決まって5-0。
ホントだ。


本人は形で1回勝てたので満足顔。
そうじゃないだろ、って気もするんですが。
まぁ、とりあえずは良い気持ちにさせておきます。

とはいえ、来月早々に昇級審査があります。
ちょっとだけ釘さしときます。


妻は形、初戦敗退。
組手は他に参加者がいなく、実施されず。
残念。


なんとか黒帯とってほしいんだけど・・・。

 

f:id:uni-namako:20190921194233j:plain

 

米米CLUB、REBECCAユニコーン他のコピーバンドを掛け持ちでやってましたねぇ。実はTM NETWORも少しだけやってました。掛け持ちしすぎて、ライブ前に辞退しちゃいましたけど。

そよ風のチャンピオン

今日は古橋廣之進の誕生日なんですって。
フジヤマのトビウオですよ。
世界記録を何度も上回るものの、日本が国際水泳連盟から除名されていたため世界記録とは認められなかったそうです。
オリンピックでもメダルを取ってなかったんですね。
時代が悪かった。不運ですね。

 

9月13日、後楽園ホールでボクシング観戦してきました。
久々の生観戦。
超楽しかったです。


第1試合 フェザー級4回戦
後藤憬 vs 牛島隆吾
ホールに着いたのが17時50分頃。ちょうど試合終了したところでした。どちらかが負傷し、ドロー。全く試合見れずでした。
ごめんなさい。


第2試合 ウェルター級6回戦
森下大尊 vs 西川宏次郎
森下大尊はデビュー戦です。デビュー戦なのに6回戦という事は、アマチュアでそれなりの実績があってのB級デビューなんでしょうね。
開始早々は硬かったですが、徐々に森下が実力を発揮。中盤、追い上げられましたが、森下が判定(3-0)で逃げ切りました。
序盤の優勢から一気に押しきれなかった辺りにプロの厳しさがあったのではないでしょうか?
まぁ、森下の完勝でしょう。


第3試合 日本ユースLフライ級王座決定戦
芝力人(9位) vs 川端嗣穂
どちらもアマチュアで実績があって、年齢もほぼ一緒ですが芝の方が格上っぽいです。
芝がいきなりダウンを奪いますが、川端も盛り返します。
芝は一方的に勝つつもりだったんでしょうが、そうはいかず。
判定(3-0)で芝が勝ち、タイトル奪取です。

敢えてやってるんでしょうが、相手に敬意を払わず格下扱いするようなスタイル(亀田みたいなスタイル)は個人的に嫌いです。


第4試合 Sフェザー級8回戦
荒谷龍人(10位) vs 中川兼玄(12位)
荒谷はかつて東洋太平洋のタイトルにも挑戦したことがあるらしく、荒谷が有利かとも思えました。
結果は7R TKOで中川が勝ったんですが、荒谷ちょっとヤバくないかな?
頭部というか、顔への打撃に異様に弱い気が。
ボディへの攻撃はそこまで効いてるように見えないんだけど、顔面への攻撃で途端に腰が落ちるというか。
グラスジョーなのかは定かじゃないですけど。
見てて怖い気がします。


第5試合 CC日本Sバンタム級最強挑戦者決定戦
古橋岳也(1位) vs 田村亮一(2位)
個人的に今大会を観戦した最大の目的。
古橋は2度目のタイトルマッチに負けてから、7連勝でランキングをあげて遂に1位。
しかも、5連続KO勝利中。
対する田村は前日本チャンピオン。
正直、田村が有利かと思いながら古橋を応援です。

試合は田村の手数と古橋の有効打。どっちをとるか?の展開に。
1,2Rは古橋。3Rは田村。4Rは微妙なので、一応田村。5,6Rは古橋。ここで倒して欲しかった。7Rは田村。最終8Rは古橋。
俺の採点では2ポイント差で古橋の勝ち。(4Rの微妙なのを古橋にしたら4ポイント差)
判定3-0で古橋が名実共に最強挑戦者に。
おめでとう!


セミファイナル 日本フェザー級王座決定戦
阿部麗也(1位) vs 佐川遼(2位)
阿部が福島、佐川が青森という事で、妻と俺との代理戦争に位置付け。

阿部は世界ランカーでもあり、戦う前から勝ちが決まってる風な試合でしたが、始まってみると佐川が良い。
圧倒することはできないながらも、要所で良いパンチを決め主導権を渡さない感じに。
ラウンドによって阿部だったり佐川だったりはしましたが、最後まで佐川有利で判定。
3-0で佐川が新チャンピオンに。
妻との代理戦争にも俺が勝利。
佐川、ありがとう。


メインイベント ライト級10回戦
伊藤雅雪 vs ルーベンマナカネ
元Sフェザー級世界チャンピオンとインドネシアSフェザー級チャンピオンの試合。
計量もお互い、結構なアンダー。
なんでライト級での試合にした?
ライト級のベルトを狙うにしても、対戦相手がSフェザーで、ウェイトもライトに届いてなきゃ意味なくない?

俺の予想は伊藤の2R KO勝ち。
実力差は歴然なんですが、伊藤のパンチが当たってもマナカネ全然ひるまず。
逆にマナカネの大きなフックを喰らう始末。
負けるとは思わなかったですが、数日前のリナレスみたいに判定決着?とか思っちゃいました。
知らなかったんですが、伊藤は1Rでマナカネの頭が当たって右目が物凄い腫れてたみたい。
Sフェザーでもライトでも、世界は心配だなぁ。


帽子をかぶってるのは古橋のトレーナー、孫トレーナーです。キックの鬼です。

 

f:id:uni-namako:20190916173419j:plain

 

1度目は判定負け。2度目はTKO負け。3度目は?チャンピオンカーニバルで今度こそタイトル奪取を!